について

保育士資格は持っているけれど、現場から離れている人や違う仕事をしている人を『潜在保育士』と言います。

保育の現場はどこも人手不足。

この潜在保育士を掘り起こすことが、保育士不足解消につながると言われています。

保育の現場からの離職後、再び保育の世界に戻らない要因として“お給料や待遇が理由”とよく言われますが、そこには少し疑問があります。

Tsunagaroは滋賀県を中心に、潜在保育士と言われている保育士と多く出逢い、なぜ保育の現場に戻らないのか、行こうとしないのかという問いを投げかけてきました。そして答えは決して条件だけではなくそれぞれの理由があるということを知ってきました。

保育士の専門性を必要としている場所はたくさんあります。

現場に出ていてもいなくても保育士である自分に自信を持ち、その専門性を自分なりに発揮できる保育士が増えてほしいという想い、更には働き方の選択肢がより多ければ、保育に戻りたくなる潜在保育士も増えるのではないかという想いを持っています。

保育士自身の可能性を広げることは、保育の世界や子育ての世界の可能性を広げること。

そんな想いを当事者だけでなく、社会に向けても発信しています。

そんな自分の働き方を見つけませんか?